【ジェイック|Jaic】誰でも正社員採用は本当か?評判から見えた実態とは

【ジェイック|Jaic】誰でも正社員採用は本当か?評判から見えた実態とは

「長らくフリーター生活でもう正社員はムリかも、と思ってて・・・」
「前職を短期退職してしまって、就職先が見つかるか不安・・・」

 

 

大企業が新卒以外を採用しなくなってきている昨今、このような若者がなかなか減らない現状において、今注目されているのが
既卒・第二新卒・大学中退者・フリーターを対象とした転職支援サービスのジェイック!

 

 

ジェイック公式サイト

 

 

おはよう日本や読売新聞など大手メディアからもたびたび取り上げられ、さらにその勢いを増し、今あなたのような就活生の間で話題となっているジェイック。

 

 

結論から言います。

 

 

あなたが本気で正社員への道を目指すのなら
正社員就職率80.3%を誇るジェイック|Jaicならその道へ確かに近づくことは出来ます。

 

 

今回はそんなジェイックについて
各サイトから評判を読み漁った私が「本当に就職出来るのか?」「研修って実際どうなの?」といった部分にについて迫ってみました。

 

 

現在ジェイック|Jaicに入会するか、検討中のあなたの参考になれば幸いです。

 

 

ジェイック|Jaicの登録方法

ジェイックは基本的に、登録から採用に至るまで費用は発生しません。(セミナーの際、名刺代などの必要経費は多少かかります。)

 

 

登録には2つのSTEPがあり、まずSTEP1では無料登録フォームという画面から

 

  • 「希望する就職エリア」
  • 「生年月日」
  • 「現在のご状況」(現在アルバイト中、もしくは在学中などの選択)

 

上記3項目を入力。

 

 

STEP2においては

 

  • 「氏名」
  • 「メールアドレス」
  • 「携帯電話番号」

 

など、個人情報を入力していき、最後に確認をしてメール送信すれば登録完了。
1分もしない内に登録できます。

 

 

 

 

 

就職成功率80.3%!ジェイック|Jaicが選ばれる4つの理由

ジェイック|Jaicが選ばれる理由

 

 

ジェイック|Jaicは正社員への就職成功率80.3%と高い数字を誇っています。

 

 

基本的に1人で就活するよりもジェイックのような転職エージェントを利用する方が成功率は高いとされていますが、ジェイックなら約2倍も成功率が高くなるのです。(マイナビ調べ)

 

 

また、ジェイックが選ばれる理由としては主に以下の4つがあります。

 

  1. 100%未経験OKの求人のみ
  2. 社会人としてのスキルを磨く無料就職講座
  3. 企業と面接出来る機会が桁違い
  4. 驚異の入社後定着率94.3%!

 

1〜3においては、採用率を上げるための流れとして抜け目がないように思います。

 

 

4の定着率の高さにおいても、ジェイック独自のサービスを行っているからなのですが、「入社してみたらブラック企業だった!」「思っていたイメージと社風が違った」など、就職後によくある後悔をしなくて済む、という事でもありますのでそれだけ、良質な企業を斡旋していると見えますね。

 

 

ジェイック|Jaicの評判検証

 

 

100%未経験OKの求人のみ

ジェイックでは、短期退職者や第二新卒、フリーターなど就職市場においてやや不利になりがちな人たちまで対象に求人紹介を行っています。

 

 

そのため、そういった人たちも受け入れてもらえる企業を中心に求人を集めているのですが、その一つとして「未経験OKのみ」というものがあります。

 

 

「未経験でも2〜3年かけてしっかり人材育成を行う企業」という、未経験者に対する理解ある企業が前提ですので、「経歴に不安がある」「ニート期間があり、働けるか不安・・・」といった方でも安心して職業紹介を受ける事が出来るのです。

 

 

ちなみに、ジェイック登録者の約7割は社会人未経験者になります。

 

 

またジェイックの取り扱う求人は基本的に非公開率100%、表には出てこないジェイックのみの求人だけになりますので他の就活生との競合も激しくないというメリットもあります。

 

 

社会人としてのスキルを磨く無料就職講座

他の就職支援エージェントと大きく異なる点の1つとして、この無料就職講座というものがあります。

 

 

もともとジェイックは企業への人材教育事業がその始まりであり、それを就職斡旋会社として応用という形でセミナーを行っているのです。
つまり、本来企業がマージンを支払って依頼するような、ハイレベルな教育サービスを無料で受けられるという事です。

 

 

「礼儀作法やコミュニケーション、履歴書の書き方など、社会人としての基礎を学び、就活力を高めていこう」というのが主な目的です。

 

 

企業と面接出来る機会が桁違い

先ほども記述しましたが、1人で就活するよりも圧倒的に有利なのがジェイック|Jaicなのですがその理由の一つとして「面接出来る機会が桁違い」というものがあります。

 

 

ジェイックでは、就職への流れとしてまず集団面接から入るのですが、そこへ来社する企業数は約25社。
25社の企業と、ジェイック登録者と2人ずつで総当たりで面接を行うため、面接の機会が跳ね上がるわけです。

 

 

上記の無料就職講座を無事卒業すると、この集団面接には何度でも参加できます。(30歳未満の方のみ)
月に2度集団面接が開催されただけでも、面接できる企業は50社。
1人で就活するのとではまさに桁違いの数字なのです。

 

 

また、その集団面接に参加する企業の人たちは幹部層や経営者などが多く、企業情報をより深層部にわたって知ることが出来ます。

 

 

本来人事担当者などが行う面接を、幹部層などが自ら出向くあたりそれだけ採用に力を注いでいると見えますので、この機会にいろいろと逆質問しかけてみるのも面白いですね。

 

 

驚異の入社後定着率94.3%!

ジェイックでは、独自の審査基準を設けており基本的にブラックと呼ばれるような企業を紹介してはいません。
例えば、一般的に離職率の高いような業界、飲食店やパチンコ業界、保険会社や介護関連などを求人から排除しています。

 

 

さらに企業紹介する前には、事前に企業の内情を調査しており主な項目として

 

  • 年間休日日数や月間残業時間
  • 上司などの人柄
  • 配属先のチーム内の雰囲気

 

などを審査し、その企業担当者が「ブラック企業ではない」と太鼓判を押してはじめて紹介に至るのです。

 

 

また、ジェイックではあなた専属のキャリアアドバイザーが付くのですが他の就職エージェントなら入社まで、というのが一般的ですが、ジェイックでは入社後もしっかりフォローしてくれます。

 

 

ただ就職してはいさよならではなく、1年間定期的な入社後のセミナーを実施しており、ジェイックの教育事業から得たノウハウを基に、「新入社員がつまづきやすいポイント」「入社後に壁にぶつかった時の乗り越え方」など採用企業に合わせた実務レベルでの研修を行っているので、元ニートなどブランクのある人でも働きやすい環境を整えているのです。

ジェイック|Jaicの営業カレッジは役に立つのか?

ジェイック|Jaic

 

 

ジェイックの営業カレッジでは主に、社会人としての基礎的なマナーや履歴書の書き方、面接のやり方などを行うのですが
最も大変なのが飛び込み営業です。

 

 

よその企業へアポなし訪問して、2人一組でアンケートを取ってくる、といった内容なのですが営業未経験の方にとってこれはなかなかにハードルが高いものだと思います。

 

 

ノルマはありませんが、研修者自身で目標を設定するようです。目標達成できなかったからと言って何かペナルティがあるわけではないのですが、あまりにも訪問件数が少なすぎると多少、講師からの物言いもあるようです。

 

 

この営業カレッジですが、ネット上の評判では「本当に役に立つのか?」といった疑問の声もちらほら上がっていますが、上述の通りジェイックは本来人材育成をはじまりとして企業にセミナーを行っていた企業です。

 

 

人材育成に関しては、プロ集団と呼べるような企業であり、就職する上で役立つ事は間違いありませんが、評判の中には個人的に少し気になるような点も上がっていたのでそちらをいくつか紹介したいと思います。

 

 

ジェイック|Jaiの営業カレッジの詳細

 

 

評判から見えた3つの不満とは

「営業未経験でも大丈夫なのか?」「自分に合っているのか」など、営業経験がない人にとってはやはり、どういった評判があるのかは気になる所。

 

 

ネット上のジェイックに関するあらゆる評判を見てきた私が、気になった評判がいかの3点です。

 

  • やはりノリが体育会系
  • 研修中は基本的に休みは取れない
  • 飛び込み営業が不安すぎる!

 

 

やはりノリが体育会系

評判で多かったものの1つとして研修のノリが体育会系といったものがありました。

 

 

声を張って挨拶をしなきゃいけない、飛び込み営業がしんどい、講師からは時折厳しい事も言われる、といった評判が見られその雰囲気についていけなくなる人も少なからずいるようです。

 

 

しかし、この営業カレッジを無事に乗り切ることが出来たら晴れて企業との面接へと辿り着く事ができます。

 

 

研修中は基本的に休みは取れない

営業カレッジは10日間になりますが、期限内の課題提出なども行っておりそれを守れないとペナルティが課せられ、最悪退学というパターンもあり得ます。

 

 

例えばいくつものエージェントやハローワークなどの紹介を受けていて、企業面接や説明会を多くスケジュールに入れながら受講する!といったことは出来ないと考えて下さい。

 

 

営業カレッジを無事卒業すると紹介企業に対して、社会人としての能力をある程度身に着けている!とジェイックからのお墨付きを頂ける事になり、それだけで強い自己アピールとなりますので10日間は営業カレッジに集中した方がよいでしょう。

 

 

飛び込み営業が不安すぎる!

「自分に向いているのかわからない」「未経験でも出来るのか?」といった事を不安に感じている方がやはり多かったです。

 

 

「未経験者に研修の段階で飛び込みなんてさせるなよ(笑)」なんて言われそうですが、そもそもジェイックに登録する人たちは経歴にどこかしら自信が持てない部分が
あったりという方も多いため、そういう人に自信をつけてもらうためのものでもあります。

 

 

営業で最も大事なのは、トーク力でもセールス力でもありません。
訪問先に門前払いされようが、文句を言われようがあきらめない忍耐力です。

 

 

就職活動ではまさに、その忍耐力が必要です。
短期退職してしまった人、就活する気が起きずだらだらフリーター生活が長引いてしまった人などにはこういった部分が実は1番欠けているのかもしれません。

 

 

また、書類選考なしでエスカレート式で面接になりますので、大手転職エージェントではまず見てもらえないような職務経歴などの方にとっては、これが一番のモチベーションになるかと思います。

 

 

 

 

 

 

ジェイック|Jaicを利用して本当に就職できたのか?

80.3%と高い就職率を売りにしているジェイックですが、本当のところどうなんだろう?と疑問に思う方もいるかと思います。
ここで利用した人たちが実際に就職した!口コミをいくつか見てみましょう。

 

 

ジェイック|Jaicでフリーターがが正社員になるまでの流れ

 

 

やりたい事も見つけられず、長らくフリーター生活を続けていました。
しかし、ジェイックを利用して無事就職することができました!
(IT関連企業)

 

 

もう20代後半、アルバイト生活にも限界を感じていたので一発発起してジェイックに登録。
研修では、つらいと感じる時もありましたが何とかやり遂げて正社員として採用させて頂きました。
(化粧品メーカー)

 

 

社会人経験がなく、就職の仕方もわからないので研修の評判がよかったのでジェイックを選びました。
自分に足りないのは、明るさや「やってやろう!」という覇気だったのかなと実感させられました。
(医療品メーカー)

 

 

こうして見てみると、「もう後がない」といったような方が多いように思いますね。
研修は厳しい事もあるかもしれませんが、そこを乗り越えれば集団面接へとたどり着き、就職へ一気に近づきます。

 

 

だからこそ「本気で正社員になる!」という強い意気込みがある方にはオススメできる転職エージェントだと感じました。

 

 

ジェイック|Jaicで年収は上がるのか?

 

 

ジェイック|Jaicのメリット・デメリット

ジェイック|Jaicのメリット・デメリット

 

 

ここでジェイックを利用するメリット・デメリットについてまとめてみます。

 

 

ジェイックのメリット

  • 就職が決まってなくても参加OK!
  • 100%非公開求人なので、競争倍率が低い
  • 1人で就職するより圧倒的に速い
  • 同じ境遇の仲間が出来る
  • 女の子も来ます(笑)

 

同じ境遇の仲間が出来る

ジェイックの登録者は7割が社会人未経験者、また対象者が第二新卒やフリーターなど就職においてやや不利な状況にある人たちを対象にしているためそういった人たちと同じ悩みを共有できたり、お互い励まし合ったりといった関係性が生まれます。

 

 

また、そういう不安な時って何か孤独感のようなものがあったりしますが、そんな中でそういった仲間に巡り合えるのは一つ心にゆとりもできるかもしれませんね。
この機会に、人脈を広げてみるなどいいかもしれません。

 

 

女の子も来ます(笑)

参加者の中には、もちろん女の子もいます。
ただでさえ体育会系なので男ばっかりの研修よりも、華があるほうが活気がでますよね?(笑)

 

 

ちょっと背伸びしてみたりなど、男ばかりの空間より燃えるものがあるでしょう。
あなたもそんな環境で就職活動してみませんか?

 

 

ジェイックのデメリット

  • 営業職を志望しない方にはオススメできない
  • ブラック企業が全くないわけじゃない
  • 求人数はそこまで多くない

 

営業職を志望しない方にはオススメできない

ジェイックは、基本的に営業職や総合職が中心となります。
業種については、IT関連や商社、広告関係など幅広く取り扱っていますがそれらの営業職・総合職という事です。

 

 

なので、どうしても「この職種じゃなきゃダメ!」「さすがに営業を続けていく自信はない」といった方にはオススメはできないと言えます。

 

 

そういった方にはDODAやマイナビなど、他の就職支援サービスを利用することをオススメします。

 

 

ブラック企業が全くないわけじゃない

独自の審査基準やブラック業界の排除など、優良なホワイト企業を紹介する事に力を注いでいるジェイックですがやはり100%というわけにはいきません。

 

 

どんな転職エージェントにおいてもそれは変わりませんが「その確率を落とすことが出来る」くらいの気持ちで希望の会社を選びましょう。

 

 

「ジェイックでの紹介だから大丈夫!」と言わず、ある程度自分でもその企業について調べるといったことも必要となるでしょう。

 

 

求人数はそこまで多くない

ジェイックでは取引企業5万社、との紹介もありますがその実、紹介企業としては約3000社ほど、これはリクナビなど大手エージェントと比べるとかなり少ない方です。

 

 

ただ、ジェイックは出来る限りブラック業界・企業を排除するために自社基準を設け紹介企業を厳選しているため、取引企業は多くても結果的にに紹介出来るのが少なくなっていしまっている、というのが現状かと思います。

 

 

【ジェイック|Jaic】求人の幅は広くない?

 

 

ジェイックでは営業カレッジや入社後フォローなど独自サービスを受けられる、というのもメリットとなりますが「選択肢も増やしてジェイックのサービスも受けたい!」というような人はハローワークなどと併用してジェイックを利用される手もあるかと思います。

 

ジェイック|Jaicを検討中の方へ

ジェイック|Jaicは確かに、研修レベル・紹介企業の質においては高いと言えるでしょう。

 

 

なので、よほどのことがない限り「誰でも正社員!」というのもあながち間違いではないです。

 

 

ただ、「研修を受けたからもう1人前の社会人!」というわけではないですし、そういった部分はやはり実社会で経験を積んでいかなければ真の向上はありません。

 

 

また、「ジェイックなら就職必ずいい会社へ就職できる!」と思考停止するのもよくない、という事もお伝えしました。

 

 

ジェイックの役割は、「就職においてやや不利な人たちを研修や厳選案件求人などから、手助けができたら」という立場でありそれが絶対的なものではなく、あくまでも就職できるかは自分次第である、という事も理解しておく必要があります。

 

 

「やっぱりリクルートみたいな大手の方がよさそう」という方はもちろんそれでもいいと思います。
ただ、どちらにしてもいつまでも悩んでるわけにもいきませんよね。

 

 

そろそろ一歩を踏み出して、ジェイックで仲間たちと正社員を目指してみませんか?

 

 

 

 

 

 

トップへ戻る