【ジェイック|Jaic】求人の幅は広くない?その理由とは

【ジェイック|Jaic】求人の幅は広くない?その理由とは

ジェイックでは約5万社の企業との取引実績があります。
しかし、ネット上の評判を辿ってみると「求人の幅はそんなに広くない」「思ったような企業と出会えなかった」といった書き込みも見受けられます。

 

 

その理由としては以下の3つが挙げられます。

 

  • 独自の審査基準による企業厳選
  • ブラック業界の排除
  • 求人は正社員のみ

 

求人に対してこれらの取り組みから、5万社との取引実績があっても正社員のみの優良企業へ絞っているため必然的に取扱い求人数が少なくなっているのが現状のようです。
その結果として定着率が高くなっているとも言えますが。

 

 

では、上記3つの取り組みについて簡単に解説したいと思います。

 

 

独自の審査基準による企業厳選

ジェイック|Jaic

 

 

ジェイックには企業担当者というものがおり、ジェイックの社員が実際に求人案件の企業へ足を運んで審査を行っています。

 

 

そのため、求人に対する透明度が高い転職エージェントとなっていますが、その審査項目としては主に

 

  • 福利厚生の内容
  • 年間休日数・残業時間
  • 社内・部署の雰囲気
  • 直属の上司や先輩の人柄(パワハラがないかなど)
  • 未経験者への教育体制が整っているか

 

といった部分を事前に調べ上げているため、個別の専任アドバイザーからもより踏み込んだ情報を聞き出すこともできるようになっています。

 

 

こういった部分をしっかり把握しておけば準備万端、後悔のない企業選びが出来るようになると思います。
定着率94.3%とという驚異の数字にも納得がいきますね。

 

 

ブラック業界の排除

いわゆるブラックと呼ばれるような離職率の高い業界、すなわち「働き続けたい」と思えないような業界をジェイックでは徹底的に排除しています。
例えば外食産業や生命保険営業、アミューズメント関連企業(パチンコなど)がそうです。

 

 

これらの、求人は一切取り扱っていないため必然的にブラック企業も少なくなっている転職エージェントだと思いますが、やはり定着率の高さがそれを物語っていると言っていいと思います。

 

 

ただ、必ずしもブラック企業が全くないというのはあり得ないため、自身でもキャリアアドバイザーからの聞き込みや企業の事前調査などは必要にはなってきますが。

 

 

求人は正社員のみ

正社員採用が大前提であり、また未経験者OKの求人しか取り扱っていません。(非公開100%)
ジェイックの凄いところは大学中退者やニートなどの人材を幅広く取り入れている事にも関わらず就職成功率80.3%という驚異の実績を誇っている点だと思いますが、

 

 

その理由の一つとして未経験者OKのみ、というものがあると言えます。
これまでの職歴・経歴など問われずジェイック開催の集団面接でマッチングが出来れば誰でも書類選考なしで面接へと進むことが出来るので「誰でも正社員」という評判も嘘じゃないんです。

 

 

その集団面接へこぎつけるためにはなかなかに厳しいハードル、飛び込み営業をクリアしなければいけませんが。
ただ空白期間の長かった人など崖っぷちに立たされているような人にとってはハイリスクハイリターンな転職エージェントと言えるでしょう。

 

 

ジェイック|Jaicでの就職活動の進め方について

 

ジェイック|Jaicには具体的にどんな業界・職種があるのか

ジェイックの求人内容は、職種に関しては基本的に営業職・総合職が主な紹介先となります。

 

 

ただ営業職といってももちろん、様々な業界がありますよね。
ジェイックは、取扱い求人こそ多くはないものの、5万社との取引実績があるため業界は幅広いものになっていますが、主に

 

  • IT・Web関連
  • メーカー
  • 商社
  • コンサルティング
  • 広告関連

 

などがあるようです。
これら業界・企業をキャリアアドバイザーや集団面接で事前に知ることができますので、その中で気に入った企業がありマッチングできれば個別面接へと進むことができます。

 

 

求人数は多くありませんが、ジェイック社員がしっかり企業調査を行っている事、個別アドバイザーから事前に企業に関して知りたい情報をチェック出来る事、集団面接で直に企業と話す機会が設けられている事、これらを踏まえて企業調査など自身で行ってしっかり企業選びを行えば希望する業界・企業へ入社出来ると思いますよ。

 

 

 

 

 

 

トップへ戻る